真新しい趣味が引き寄せた思い出深い諳記の点

近頃、始めた新しい嗜好・ポタリング。今回のフロアは岡山県の吉備路。何でここを選んだかというと、道中に、中学校の時年間だけ通った塾があるから。あれから26世代。書面の流れが、いつの間にかメールや線引きに変わったものの、一度も会っていないという不思議な原因が蔓延る身近ら。私の人生の単に年間なのに、今でも「楽しかった」ってたくましく呼べるメモの企業。そちらへ26世代ぶりに赴いたのだ・・・が、全く展望が違う!26世代も経てば当たり前の職場なのに、頭の中では、未だに田んぼに囲まれた校舎が浮かんでいる。うっかり行き過ぎる場所だった。思い出深い体操ウェアに身を包んです後輩ら。私も26世代前はあの内輪の1方だった。その先、どういう人生がむかえるのかも知らずに。自分に迫る塾生を瞳で見つけ出しながら、「素敵な人生がむかえるよ」と呟く。丸ごと変わってしまった周りの展望に、ところどころ貫くあのお天道様のメモを編み出す。退職族だった結果、中学生の入学型には1方もコネはいなかった。授業が張り出され、小学生からの身近と共になったという喜んで掛かる塾生を尻目に、担任のドクターから授業を報じられ、最も緊張して、授業の皆の前に立ったことしか覚えていない。あの機会、事後、26世代も貫く身近が出来るなんて仮定もしていなかった。身近という”側”になった要素が何だったのか思い出せない。でも年間また引越が決まったわたしに、贈呈してくれた寄せ書きといった言伝を入れたカセットテープは、今でも私の大切なお宝です。後に気づいたことだが、寄せ書きには涙の跡がある。私の為に流してくれた涙。引越のお天道様、5人の身近がサンドイッチを持って来てくれた。一緒に食べたその卵サンドはなんとなくしょっぱかった気がする。わずか年間だけの関連だったのに、こんなに思える身近に5方も出会えたわたしは、極めて愉快な・・・そんなことを思いながら、もっと自転車に乗って走り出した私の後ろから楽しそうな中学校の本音がする。一度しかないこういう年月、いつまでも大切にね。