音調の高さとがたいとメロディーについて習得しました

物音のことなどについて演習しました。振幅は、揺れの領域のことです。揺れ数字は、1秒間に振動する数のことです(ユニットはHz)。物音は高さ、がたい、調音によって区別することができます。物音の違いは振幅、物音の違いは揺れ数字と関係があります。もとの物音より幅広い物音は、振幅はが大きいです。もとの物音より小さい物音は、振幅が酷いだ。もとの物音より大きい物音は、揺れ数字が多いです。もとの物音より低物音は揺れ数字が少ないです。ギターと木琴のおんなじがたいの物音でも、受けとることができるのは、調音が違うためです。揺れ数字がダブルになると物音が1オクターブ高くなります。次は、物音の強さについてだ。dB(デシベル)は、物音の高熱のがたいを表します。10dBふえると、物音の高熱は10倍になります。0dBは、やっと聞こえる物音だ。20dBはささやき声のがたいだ。40dBは静かな院内のがたいだ。このようなことを覚えましたが、いろんなことを知れて良かったです。カードローン 金利 最安

それほど酔いしれる!おかしい!ヒーリング!大人の塗り絵時間

乳幼児と一緒に塗り絵をして遊んだ先、思いのほか楽しくて夢中になってしまいました。その後も乳幼児が寝てから彼の帰りを待つ間に自ら塗り絵をしたりしていましたが、いつもなら苛苛しながら待つ時間もリラックスしてぱっと期間が経っていました。そんな時につい立ち寄った書店で「大人の塗り絵角」変わるものを見つけました。ちょい細くむずかしい上であったり、綺麗なお花フィーリングであったり、明るいディズニーや過去風の調和上など、種目も20種目くらいあったと思います。その中で、附けるだけで自律逆鱗が揃うという種類の塗り絵を試しに最初冊買ってみました。丁寧に塗り方法などが紹介させているのはいいのですが、キレイに上手に塗らなくては!と肩に力が入ってしまい、却って感謝できません。自分の好きな色合いを用い、好きなように塗ろうと考え直し、少々くらいはみ出したり、配色が不自然でも気にせず塗ってみている。仕上がりの良しあしも達成感につながりますが、好きなように塗ったほうが感謝でき、結果的にリフレッシュできるように感じています。そんなに考えると、あえて大人の塗り絵を買わなくても、100均の塗り絵で十分なような気持ちもしますが…。やっと買ったので、大人の塗り絵も楽しみたいと思います。