非正規雇用を減らせるかどうかはお荷物社員をどうにかする事にかかっている

全国展開のファミリーレストランで店長として働いていて、バイトのおばちゃんからは「女の子なのによく店長なんてやってるね」と言われます。そのくらいキツイ仕事ですが、私の地元では他の職種よりも給料が高いし仕事にも慣れてきたので割りと満足しています。
しかし先日入社した副店長の女子が、仕事もできないの愚痴ばっかりでうんざりします。大学出たばっかりの世間知らずで、働く前の研修の時から「ここもやっぱりブラックなんですか」と聞かれ、呆れてしまいました。もう入社したんだから自分の目で見てみたらと返しましたが、ちょっと残業を頼むと「やっぱりブラックだ」と愚痴っているので嫌になります。
店長はシフトを組むので、店長試験を受ける時には一通り労働基準法を勉強します。私の作ったシフトも残業指示も、労働基準法でセーフの範囲内です。やる気がなく仕事ができない社員にも、規定の時間数分シフトに入れてあげなくてはなりません。社員だから簡単に解雇される心配もないです。企業側からすれば、できない社員よりもできるパートの方が助かるというのはある意味真理だと思います。非正規雇用についていろいろ取り沙汰されていますが、やる気のない社員をどうにかするノウハウがなければ、企業も正社員を増やす気にならないと思います。キレイモ 顔脱毛